本殿  御本殿と右脇殿(平成22年御屋根葺替完了)

卯杖祭  卯杖祭 粥占神事(1月14日)

木祭り  木祭り(4月第1日曜日)〜チェンソーカービング実演奉納〜

茅輪祭  茅輪祭くぐり初め神事(7月30日)

例祭  例祭・神幸祭(10月15日、その後の日曜日)

卯杖祭  卯杖祭 〜裸詣り〜(成人の日)

木祭り  木祭り(4月第1日曜日)〜餅撒き〜

茅輪祭  茅輪祭 〜打ち水大作戦!(7月31日)

神幸祭  神幸祭(10月15日の次の日曜日)

例祭  例祭 〜子供みこし〜(10月15日)

サイト内検索

祭典・行事案内

  • 7月1日 午前9時 月次祭
  • 7月10日 午後7時 夏季祭
  • 7月10日 午後7時 祇園祭(夏季祭に引き続いて)
  • 7月15日 午前9時 月次祭(奥宮)
  • 7月30日 午後6時 茅輪祭 くぐり初め神事
  • 7月31日 午前11時 茅輪祭 本殿祭
  • 8月1日 午前9時 月次祭
  • 8月15日 午前9時 月次祭(奥宮)

itakiso

 伊太祁曽神社は我が国に樹木を植えて廻ったと 『日本書紀』 に記される 「五十猛命(いたけるのみこと)」 を祀る神社です。植樹神五十猛命は一般には「木の神様」として慕われています。そのため、全国の木材関係者のお詣りが多い神社です。
  また 『古事記』 には 「大屋毘古神(おほやびこのかみ)」 として記され、災難に遭われた大国主神(おほくにぬしのかみ)の生命を救った話が記されています。このことから ”いのち神” ”厄難除けの神” の信仰が篤く、病気平癒祈願、厄除け祈願の参拝が多い神社でもあります。

お知らせ

打ち水大作戦を行ないます!
今年も打ち水大作戦を実施します。7月31日午後3時に伊太祁曽神社割拝殿前で作戦開始。
どなたでもご参加いただけます。濡れても良い格好でお越しください。浴衣姿での参加、大歓迎。
当日は神社で着付師による浴衣の着付けも行ないます。(予約優先。費用500円。お申し込みはこちらから。


平成28年は申年
平成28年の干支は丙申(ヘイシン:ひのえさる)。

神社の境内には「お猿石」と呼ばれる石があり、この石を撫でると首から上の病に霊験あらたかと昔から言い伝えられています。


木の俣くぐり 神前結婚式 安産祈願「戌の日」 霊石「お猿石」