本殿  御本殿と右脇殿(平成22年御屋根葺替完了)

卯杖祭  卯杖祭 粥占神事(1月14日)

木祭り  木祭り(4月第1日曜日)〜チェンソーカービング実演奉納〜

茅輪祭  茅輪祭くぐり初め神事(7月30日)

例祭  例祭・神幸祭(10月15日、その後の日曜日)

卯杖祭  卯杖祭 〜裸詣り〜(成人の日)

木祭り  木祭り(4月第1日曜日)〜餅撒き〜

茅輪祭  茅輪祭 〜打ち水大作戦!(7月31日)

神幸祭  神幸祭(10月15日の次の日曜日)

例祭  例祭 〜子供みこし〜(10月15日)

サイト内検索

祭典・行事案内

  • 4月1日 午前9時 月次祭
  • 4月5日 午前11時 木祭り
  • 4月15日 午前9時 月次祭(奥宮)
  • 4月19日 午後1時 立皇嗣礼当日祭
  • 4月29日 午前10時 昭和祭
  • 5月1日 午前9時 月次祭
  • 5月1日 午前10時 蛭子神社例祭
  • 5月15日 午前9時 月次祭(奥宮)

 


itakiso @itakiso

 伊太祁曽神社は我が国に樹木を植えて廻ったと 『日本書紀』 に記される 「五十猛命(いたけるのみこと)」 を祀る神社です。植樹神五十猛命は一般には「木の神様」として慕われています。そのため、全国の木材関係者のお詣りが多い神社です。
  また 『古事記』 には 「大屋毘古神(おほやびこのかみ)」 として記され、災難に遭われた大国主神(おほくにぬしのかみ)の生命を救った話が記されています。このことから ”いのち神” ”厄難除けの神” の信仰が篤く、病気平癒祈願、厄除け祈願の参拝が多い神社でもあります。

お知らせ

祝祭日には国旗を掲げましょう

木祭りの神賑行事について

毎年4月第1日曜日に木々の恩恵に感謝する「木祭り」を斎行しています。
木祭り当日は神賑行事として「植樹式」「チェンソーカービング実演奉納」「餅まき」「青空市」などを行っていますが、本年は奉納者の意向により「餅まき」を中止、また「青空市」も規模を縮小することとなりました。
祭典及びその他の神賑行事は例年通り行います。ご理解の程よろしくお願いいたします。


奉納のぼりの受付を行っています


令和2年の奉納のぼりの受付をしています。
伊太祁曽神社、祇園神社、御井社の3種類の のぼり があります。
詳しくはこちらを御覧ください。


熊野古道世界遺産登録15周年


紀伊山地の霊場と参詣道(いわゆる熊野古道)の世界遺産登録15周年を記念して、特別参拝を行います。
詳しくはこちらを御覧ください。


伊太祁曽神社公式スマホアプリ誕生

伊太祁曽神社の公式スマホアプリが登場しました。
iPHONE、Androidどちらにも対応。App StoreやGoogle Playからダウンロードできます。「伊太祁曽神社」で検索してみて下さい。
プッシュ通知による各種案内がいち早く御手元に届きます。


木の俣くぐり 神前結婚式 安産祈願「戌の日」 初辰祈願 霊石「お猿石」